大会の意義

少林寺拳法に入門して初めて、少年少女武道錬成大会 少林寺拳法の部に
スタッフとして参加してきました。

主催は日本武道館。武道振興の一環として、
子ども達が夏休みの期間に開催されている大会です。

f0016584_11484381.jpg
以前の道院は、全国大会に繋がる県大会以外は参加させないという方針で、
少年部が50人近くいたとしても出場せず。
移籍先は小学生、中学生が現在居ないため、出場なし。
スタッフとして、今年は県連の役員待遇ということで初めて声がかかった次第。

自分の業務は、拳士の招集~コートへの移動、コート内の競技進行。
最後が団体演武ということで進行を遅らせてしまいましたが、
出場した子ども達が精一杯演武でき、また負傷者もなしということで、
まずは最低限の責務は果たせたか・・・と思います。
f0016584_11484599.jpg
f0016584_11484848.jpg
f0016584_11485142.jpg
少年少女武道錬成大会、大会の性格があり、
全員に「記録証」ということで表彰状が出ますし、
一定の点数を超えれば、超えた全員にメダルが授与されます。
すなわち、“競う”ことではなく、参加することを重視している大会です。

今の競技化の流れからすると、全く逆行する大会。
でもこれはこれで、大会のあり方としては良いのではないかと思います。

競技中心の大会、全面的に否定するものではありません。
やはり“競う”ってことも上達の過程には必要な要素ですし、
高校生~大学生の拳法部の拳士にとっては、競技で入賞ってのは
少林寺拳法を周囲に認知させるにはどうしても必要な部分ではある。

だが、競技だけってのはやはりそれはそれで弊害もある。
とくに、下手でも地道に修練に取り組んでいる、
真面目に修練はしているけど、演武の評価には繋がらなかったり、
組演武の相手がいつも見つからず、出場の機会さえもない、
そういう拳士にとっては、評価される場ってのはなくなってしまう。

特に小学生、中学生ってのは、自分が評価されることが動機付けにも繋がる。
でもその機会がない拳士にとっては、意欲を持続させることは
今の子ども達、親の意識から考えると難しい。
「少林寺拳法は人格完成の道、大会はその一過程、続けることが大事」
お題目を唱えたところで、それを額面通り理解できる方は少ない。

そして、入賞できるわずかな拳士だけが残り、
そこに引っかからない拳士は意欲を失い辞めていく。
以前の道院でさんざ見てきました。

それって、少林寺拳法の目指している姿ではない。


やはり、子ども達にとって「評価される」ってのは大事なこと。
“競う場”で評価するのも大切だが、
少年少女武道錬成大会のように、自分のできることを評価して貰う場ってのも
大事なことではないかと思います。

今年参加してみて、子ども達が笑顔で演武している姿で、
自分も楽しみながらスタッフの役目が果たせましたし、
やはりね、演武し終わり、表彰式での自信を持った表情、
それが見られただけでも、今回スタッフとして関われて良かったと思っています。

「競うこと」「楽しむこと」
大会の意義ってものは、両者があっていいと、自分は思います。






# by shorin-kid | 2017-08-13 11:47 | 大会
前記事の続きです。

もう一つの課題、演武を「真似る」ことについて。

これは小中学生に限ったことじゃないけど、
学生、特に大学生の演武を真似た演武ばかりになってることです。
今の演武って、はっきり言って特定の大学の演武の物まねみたいなものが目立つ。
はっきり言って、「金太郎飴」状態。

実は全所属の所属長先生・・・ スポ少が活動休止になってしまったので、
所属長の前所属の、今の道院に一緒に移った(先生にとっては復帰ですが)のですが、
高校生の大会の時にこの話題になって、
「優秀な演武を真似るのも上達の手段」と言っています。

それは確かにそうです。
優秀な演武を実際にやってみることも、構成の組み方や技法の使い方、
やはり学習になるのは確かです。


ただ、現状ではそこで終わってる組演武が多い。

結局、○○大の演武をやれば、見栄えが良くて入賞できる!と
演武をやる側も、指導する側もそこで終わってるんだと思います。

確かに入賞した拳士、大学であれば出来る。
でも人間がやることです。
体格も運動神経も、修練時間も全く違う人間が、
同じような演武をやって、同じように動けますか? やりきれますか?

ロボットやコピー人間じゃ無いんですよ。


少林寺拳法の教えの中に「拳の三訓」があります。
師の格を真似、そこから創意工夫を加え、最終的に自己の格を作り出す。

演武だって同じ事です。
真似ることから、自分、相手に合わせた創意工夫を入れ、自分達の考えた演武をうみだす。
はっきり言って、
「この構成をやれば優勝できる」、「この技を入れれば入賞だ!」
そんなものは無いはずです、はっきり言ってあり得ない。

でも現状は、「この構成が~」「この技~」あるように感じます。
まぁ半分は我々指導者、審判員の怠慢ではあるんですが。

最初の全国中学生大会で、
二段の組演武、ほとんど大学生のような組演武をしていました。
まだ緑帯・・・もしかしたら都道府県の予選後に昇級していたかもしれませんが、
基本の技を、自分達の動きで忠実に演武してました。

結果は、二段の組演武は優勝を逃し、旧拳士の組が最優秀でした。
すなわち、二段の組はまだ「守」の段階でとどまっていた。
旧拳士の組は、その先の「破」「離」の段階まで進んでいた。
その違いが、入賞を分けた決定的な違いだと思います。

演武には答えはありません。
入賞できるパターンも、入賞できる技法も存在しません。
自分と相手、双方で少林寺拳法を突き詰めたかたちが演武です。
10組いれば10通り、100組いれば100通りの演武があるはず。

それがあるから、演武ってのはホントは難しいはずです。


# by shorin-kid | 2017-07-09 22:56

少林寺拳法修行記録。


by Shorin-kid